fbpx

顧客サービスの強化およびデータ運用の効率化を目指し、グローバルオペレーション担当VPとしてカルロス ロー・オルティスが就任

2020.7.8

カタリナ マーケティング ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:Brett Wayn (ブレット ウェイン)、以下 カタリナ)はこのたび、グローバルオペレーション担当のヴァイスプレジデントとして、2020年5月18日付でカルロス ロー・オルティス(Carlos Roo-Ortiz)が就任したと発表しました。

就任の背景

カタリナは、1999年の創業以来、消費者の購買データを元にパーソナライズされたマーケティング分野に力を入れ、多くの顧客に新しい価値を提供しています。リテール企業様、CPGブランド企業様と強いパートナーシップを組み、大手スーパーやドラッグチェーンのリアルタイム購買データをもとに、店舗利用者の視点に立った生活用品、飲料品、食品などのマーケティング施策をご提案しています。

当社は、デジタル分野にも継続的に投資を行い、急変する店舗マーケティング市場において様々なパートナーシップで効果的なデジタルソリューションを提供しています。また、予測できないほどのスピードで多様化・複雑化が進む市場の変化に対応するため、新しいテクノロジーの活用やプロダクトの開発はもちろん、データセキュリティの強化やプライバシー保護にも取り組んでいます。

高付加価値スマートフォンアプリやキャッシュレス決済など、消費者が様々なテクノロジー体験、新たな購買体験を重ねる中、小売業界のサービスの質に対する期待値は高くなっています。カタリナは、私たちの顧客企業がよりよい消費者サービスを実現できるよう支援するため、テクノロジーを駆使したサービスやデータ運用、その先のカスタマーサービスの強化が必要でした。そのため今回グローバルオペレーションを統括する経験豊かな人材を採用することでさらにビジネスを強化していきます。

代表取締役社長ブレット・ウェインのコメント

日本は深刻な人手不足に直面していますが、その反面、日本の消費者の商品の品質やサービスの質へのこだわりは世界の中でも非常に高いと言われており、企業はテクノロジーを活用することでそのニーズに対応する必要があります。この度のロー・オーティス氏の就任によって、カタリナのカスタマ―サービスの質の向上、効率的な運用体制作りそして営業チームと連携による新たな顧客エクスペリエンスの実現を目指します。彼のアメリカや日本での豊富な経験が貴重な新しい視点やアイデアをもたらすと期待しています。

Carlos Roo-Ortiz(カルロス ロー・オルティス)コメント

これまで日本を含む様々な市場におけるカスタマーサポート分野のリーダーとして、顧客中心の文化を持ち、顧客のペインポイントを徹底的に解決することが、よりよい顧客経験の提供とビジネスの両方にとって大きな価値をもたらすことを経験しました。文化と問題解決への独創的なアプローチを組み合わせることで、カタリナは革新的な方法で顧客の期待に応え、それを超えることができると確信しています。

カタリナは、CPG以外の業界を含め顧客基盤の拡大を続け、デジタルプラットフォームやより深いデータ分析や洞察などの新しい分野への進出を進めていく中で、企業としてより効果的、効率的、機動的になるために変革し続ける必要があります。

また、当社独自の製品やサービスのポートフォリオをこれまで以上に迅速に拡大し続け、ビジネスパートナーとともに革新的な「手間のかからない」ソリューションを開発することでお客様の進化するニーズや期待の高まりに対応するには、すべてにおいて持続可能で拡張性のある社内プロセスとオペレーションを構築する必要があります。さらに従業員の人材を育成し、成長を支援することも重要です。今後もカタリナが日本の業界をリードし続けるために、カタリナの組織としての成長と、ビジネスパートナーとの連携強化を支援していきます。

Carlos Roo-Ortiz(カルロス ロー・オルティス)氏


メキシコ バハカリフォルニア出身、ハワイ大学 機械工学分野で学士取得、ノースカロライナ大学にてMBAを取得。アメリカ、日本をはじめとするアジア太平洋地域において、SONY、Amazon、Adobeなどでカスタマーサービス部門のマネジメントを歴任。新しい発想でゼロから仕組みを作ることで業務の効率化を図り、結果として顧客への優れた価値を提供、満足度を上げてきました。