fbpx

顧客の離反を予測し店舗売上を維持するリテーラー様向け分析サービスのご案内

2019.5.17

店舗での購買を中止・離脱する顧客を指し、小売業では通常、競合店へのスイッチを意味する「Loyalty Churn」(ロイヤリティ減少による顧客乗り換え)。カタリナの独自調査によると、前の6ヶ月間に来店した全顧客のうち、19%は次の6ヶ月間に再来店することなく離反しています(業界別の割合は資料を参照ください)。 離反したり購買が減少した顧客に挽回することは困難であり、業績に大きく影響する要素となります。

カタリナの「Loyalty Churn 顧客維持対策」分析の目的は、離反する可能性のある顧客をいち早く見つけ、顧客維持施策を実施することです。

カタリナは、ディープラーニングの手法を用いることで、「Loyalty Churn」を予防します。具体的には ニューラルネットワークにて離反が予想される顧客行動パターンを検出し、ラリークーポンやデジタル広告からオンラインクーポンを配布するといった施策を可能にしました。

こちらの分析事例についての資料がダウンロードいただけます。是非この機会にご参照ください。

資料はこちらからダウンロード

カタリナでマーケティング施策を最適化