CATALINA 360イベントレポート(前編)

2018.10.24

デジタルマーケティングとリアル店舗の消費行動をつなぐ、360生活者プラットフォーム

9月19日にカタリナマーケティングジャパンの企業イベント「CATALINA360」を開催しました。日頃お世話になっているリテール各社様、CPG各社様、そしてパートナー企業様から200名を超える皆様にお越しいただき、おかげさまで大盛況となりました。

 

 

今回CATALINA360というイベント名にも想いを込めたように、カタリナは現在「あらゆるチャネルで実購買につながるマーケティング」のための支援を加速しています。全国の大手GMSやドラッグストアなど約1万店舗、約6万台のレジに専用プリンターを設置し、1億トランザクション/週という圧倒的なボリュームの店頭購買データのネットワークを有するカタリナは、この圧倒的ボリュームの店頭購買データをオンラインデータと連携させることによって、デジタルマーケティングの世界に変革を起こせると考えています。今回のCATALINA360では、ゲストスピーカーの皆様にもご登壇いただきながら、その世界観をお伝えしました。

 

 

マーケティングのデジタル化、その5つの本質

第一部では、株式会社デジタルインテリジェンス代表取締役の横山隆治様から「マーケティングのデジタル化、その5つの本質」というテーマで講演していただきました。

冒頭で横山様は「Webやアプリというアウトプットに対応するところだけがデジタル化するのではなく、マーケティングの本丸がデジタル化をするべき」と、デジタル化に向き合う上で必要な姿勢や考え方の基本を指摘。さらに近年起こりつつある大きなパラダイムシフトとして、マーケティングにおける主導権が情報の送り手(企業)から受け手(消費者)に移り、消費者がブランドを規定していくという潮流を指摘しました。

こうした前提のもと、横山様は、講演テーマにもあるデジタル化の本質を以下のように整理しています。

1.  アナログ施策との掛け合わせこそデジタル化の本丸

2.  ブランド単位のマーケティングから、ブランド横断の消費者IDマーケティングへ

3.  マーケティング施策は運用開始後に最適化すべきもの

4.  デジタルマーケティングの組織に必要な人材とスキルの要件定義

5.  ソーシャル/インフルエンサーによる新たなディストリビューションバイブ

 

 

DIとカタリナの新たな取り組み – マーケティング投資の最適化提案サービスを開始

特に「1、アナログ施策との掛け合わせこそデジタル化の本丸」については、イベント当日にこの考え方を象徴するようなこちらの取り組みを発表しました。

プレスリリース「テレビCM×デジタル広告×インストア(リアル店舗)クーポンを統合した マーケティング投資の最適化提案サービスを開始」

この取り組みは、両社が保有するノウハウ及びデータを連携させ、消費者が購入に至るまでの経緯と実際の購買行動を掛け合わせて分析することによって、広告効果とリアル店舗での販促効果の最適化を実現するものです。これまでオンラインで完結することがほとんどだったデジタルマーケティングに”出口”を作る取り組みであると考えています。

 

新たな価値創造が求められる小売業

第二部では高橋アソシエイツ株式会社代表取締役の高橋宣久様から「新たな価値創造が求められる小売業」のテーマでご講演いただきました。

アマゾン・エフェクトによるUSの小売業界の現状を軸に、業界の変容を迫る大きな要因として購買スタイルと価値観の変化を挙げ、変化適応業と呼ばれる小売業やSCの対応が今こそ試される時であるという警鐘を鳴らしました。具体的には

1.  デモグラフィックスの変化

2.  モノからコトへ、サービス経済化への変化

3.  社会や生活者の価値観の変化

この3点について説明し、もはや万人受けする平均的な製品や小売業は売れなくなるという「平均志向の終焉」とパーソナライズの加速を指摘。消費者をひとかたまりの集団として捉えるのではなく、一人一人に対してどのような価値を提供できるかを考えるべきであるという話は、第一部の横山様の話に通じるものがあります。

 

 

デジタルシフトがもたらす新たな顧客体験

第三部のパネルディスカッションには、以下の3名にご登壇いただきました。テーマは「デジタルシフトがもたらす新たな顧客体験」です。モデレーターは弊社プロダクトチームブランドソリューションズディレクターの小川真輝が務めました。

・  中央大学ビジネススクール研究科長・教授(経営学博士) 中村博様

・ サントリーコミュニケーションズ株式会社デジタルマーケティング本部部長 篠崎有平様

・ 株式会社Legoliss取締役副社長 重原洋祐様

そもそもなぜデジタル化に注力するのか?という質問に対して篠崎様は、もともとマスメディアを活用したマーケティング施策が得意だったというサントリーの歴史に触れながら「今でもマスは重視しているが同じやり方では勝てなくなってきた」と話し、ピンポイントにマーケティングを仕掛けられる体制作りの必要性を強調。メディア接点の変化やライフスタイルのデジタル化といった消費者の変化を捉えた同社のマーケティング施策を紹介しました。

 

 

これを受けて、もともとインターネットの世界でキャリアをスタートさせたというLegolissの重原様が「デジタル畑で15-16年のキャリアを歩んでいる立場から、逆にオフラインとの距離が縮まっているのを感じる。数年前まではこの領域でPOSデータを扱う機会はなかった」と、オフラインのデータがオンラインで本格活用され始めている業界動向について語ると、中村様は、唯一Amazonの影響を受けずにデジタル化を推進している米ウォルマートの例を挙げ、新旧交代の時代を迎えている小売業界の現状について説明しました。

 

各種データを掛け合わせることのメリットを最大化

最後にこうした潮流における課題を問われると、データの取り扱いに関する話題に。近年規制が進む領域ながら「社内を外部のデータと連携することによって見えないものが見えてくるという感覚を高めたい」と話す篠崎様をはじめ、各種データを掛け合わせることによるメリットの大きさについて意見を交わしました。弊社小川も「これまで店頭を中心にお客様を理解してきたカタリナが、店外のデータも取り入れることによってユーザーを360度理解したい。それによって、消費者、リテーラー、メーカーの”三方よし”を実現したい」と、CATALINA360というイベント名にも込めた今後の展望を改めて説明しました。

 

後編では、弊社代表取締役社長の花崎が新たにご紹介したビジョンについて、詳しくご紹介します。

CATALINA 360イベントレポート(後編) ビッグデータ×実購買データで変革する、データドリブン・マーケティングの世界

 

 

カタリナでマーケティング施策を最適化